猫 かまって アピール

猫のかまってアピール?猫がしてほしいこと

 

猫がしてほしいことってどんなこと?猫が元気にイキイキとした生活を送るためには、飼い主さんのお世話が必要ですね。

 

飼い主さんにとっては可愛い愛猫ですから、「ひたすらなで続けたい」とか「お腹に顔を埋めたい」とか「肉球をプニプニしたい」とか、数え切れないほどの願望があると思います。
でも猫はどう思っているのでしょうか?

 

ここでは、猫がどんなことが嬉しくて幸せを感じるのか、猫目線で考えたポイントをいくつかご紹介いたしますね。


猫がしてほしい7つのポイント

 好きなスキンシップをしてほしいな
猫によって、どこを触っても喜ぶ、尻尾の付け根、顔周りは特にお気に入りなど、スキンシップの好みはバラバラです。初めはいろいろとスキンシップを試し、猫が喜ぶ部位や触り方などを探してみましょう。

 

 毎日スキンシップしてほしいな
スキンシップが好きな猫なら、飼い主さんとの触れ合いは、とても嬉しいもの。最低でも1日1回はスキンシップで愛情を伝えてあげましょう。また、毎日触れ合うことで、体に異変がないかチェックすることもできますね。

 

 一人で過ごす時間もほしいな
猫はもともと単独行動をするものです。かまわれ過ぎると、ストレスを感じてしまうことも。ごはんや、トイレなどの集中している時はもちろん、猫がのんびりとしているもそっとしておいてあげましょう。

 

 かまってアピールに気づいてほしいな
猫が飼い主さんに近づいて来たら、かまってほしいのサイン。スキンシップをとる絶好のチャンスです。名前を呼んで声をかけたり、優しくなでて、応えてあげましょう。

 

 飼い主さんの声で安心したいな
猫の中には、スキンシップが苦手な猫もいます。特に触れることをしなくても、あなたから優しい口調で声をかけてあげると、それだけでも愛情が伝わります。出来るだけ優しく、高めの声でゆっくり話しかけてあげましょう。

 

 離れていても気づいてほしいな
猫は近くにいなくても、あなたのことを遠目からジッと見ていることありますよね。目があったら、ゆっくり瞬きをして返してあげると、猫は安心します。猫の世界では、ゆっくり瞬きすることは、敵意がないサインとみなしているので、特に飼い始めのときは、猫の緊張をほぐし、仲良くなる第一歩に。

 

 触れられ過ぎるのは嫌だな
あなたは、スキンシップのやめるタイミングわかりますか?気付いていますか?猫はやめるタイミングのサインを出しています。スキンシップ中に、尻尾をパタパタと振ったり、耳が外向きになってくるなど、これは、「もう満足したよ。だからもうやめて!」の意味。そのまま続けると、噛まれたり引っかかれたりするので注意。

 

 

いかがでしたか?

 

猫への接し方といっても触るだけではないのです。今回は、愛猫と心を通わせるための方法をご紹介しました。愛猫と飼い主さんの幸せ生活のお役にたてれば幸いです。

 

 

モグニャンキャットフード